>

メンテナンスには結構な費用がかかるのでは?

定期検診の種類は?

定期検診には『保険診療』と『自由診療』の2種類が存在します。
それぞれ何が違うのかというと、虫歯や歯周病などの病気の治療を目的としたものが『保険診療』で、美容や予防目的で行うのが『自由診療』となります。

保険診療は検査を事前に行うことが必要で、1回における歯石除去に限りがあります。
健康保険が適応できないため、病気がなければ診療は受けられません。

一方自由診療は制限がなく1回ですべてを綺麗にすることができます。
保険診療では複数回行う必要がある歯石除去も、自由診療では1回で時間をかけて行うことができます。

どの診療方法を扱っているかは歯科医院によって異なりますので、通う予定のある歯科医院のホームページなどを見て確認しましょう。

かかる費用は?

定期検診でかかる費用は、当然メンテナンスの内容によって変わってきます。
予防を目的で行われる場合、健康保険が適応されないため自費での診療になります。
また、その場合は歯科医院側が診療内容や金額などを設定できるため、歯科医院によって差異があります。
ですので、一概には言えないものの平均1万円程度が相場となっています。

病気の治療を目的としている場合、健康保険が適応されるので自費での診療に比べて圧倒的に低価格で行うことができます。
検査の費用と歯石の除去を含んだ場合でも平均3,500円程度が目安になっています。

歯科医院での定期検診を受けずとも器具を購入してケアを行うことも可能ではありますが、やはり個人で行うには十分なメンテナンスは難しく、歯茎や歯を傷つけてしまうリスクが伴います。

ですので、自分がメンテナンスを行いたい理由を明確にし、歯医者に足を運ぶことが一番の得策だと言えるでしょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる