>

歯磨きだけじゃ維持できない!

意識の低さが当たり前に?

人間、誰しも歳をとるとともに体の至るところが衰えてきます。
それは口の中も同じことが言えます。
日本では、80代の歯が残ってる平均の数がわずか8本と言われています。
しかし、例えばスウェーデンでは同じく80代の歯は平均して20本もの歯を保っているというデータがあります。
同じ年齢のはずなのに、なぜこうも差があるのでしょうか。

原因の一つとして、歯のメンテナンスの意識の違いがあげられます。
上記の霊であげたスウェーデンは世界で最も予防が進んでいる国で、大人が80~90%、子供はなんと100%定期検診を受診しているのです。
また、同じく受診率の高いアメリカでも70%というデータを残しています。
では日本の受診率はというと、たったの2%しかありません。
この数字を見れば、老後に残る歯の数に差があるのもお分かりになったでしょう。

日本は、歯のメンテナンスに対する意識が非常に少ないのです。

ペースはどれくらい?

歯のメンテナンスに関心を持ち、いざ定期検診を受診しようと思っても、今後も通い続ける必要があるのか、それとも口の中の健康が気になったときにだけ行けばいいのか、どれくらいの頻度でいけばいいのかわからない方もいるかと思います。
口の中の状態は人によってさまざまですので一概には言えませんが、一般的な歯のメンテナンス頻度は3か月に1回だと言われています。
1回歯医者で専門的なメンテナンスを行うと、虫歯や歯周病の原因となる菌が自分で行う歯磨きよりも遥かに少なくはなりますが、それでもゼロになるわけではありません。
なぜなら、再び増殖するからです。
これらが元に戻るのには個人差がありますが、平均として2~3か月だと言われているため、定期健診もそのペースに合わせる必要があります。
歯の汚れが気になる人、汚れやすい人ほど、頻度を高めることが望ましいのです。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる