口内の健康と予防をあなたにも

定期検診はいつ行けばいい?

誰もが日常的に、無意識に生活の中に組み込まれている行為。
子供の頃は「食後にすること」、「就寝前には必ずすること」と教えられた人も多いのではないでしょうか。

歯磨きとは、口の中の健康を保つために必要不可欠な行為です。
ところが、例え毎日きれいに歯磨きをしているつもりでも、虫歯を完璧に予防できるわけではありません。
なぜなら、人によって口の中の情報が違うため、自分で行う歯磨きでは十分に歯石や歯垢を落とすことができないからです。
たとえば誰かが公開した『完璧な歯磨き術』を真似したとしても、あくまでそれはその人の口を綺麗にする歯磨きの方法なのであって、全ての人が予防できるわけではないのです。

そこで、必要になってくるのが歯科医院で行う歯のメンテナンスです。
「虫歯になったときに行くのが歯医者では?」と考える人も多いでしょう。
『歯医者』という単語を聞いただけで良くない印象を抱く方もいるかもしれません。
しかし、歯科医院では虫歯の治療だけではなく、虫歯を予防するための専門的なクリーニングも行われています。
自分で行う歯磨きでは見落としがちな細部まで、人によって違う口の中に合わせて歯石などを取り除いてくれるのです。

しかし、だからといって口の中の健康を保つために毎日歯科医院に通うわけにはいきません。
必要なのは、定期的に歯医者に通うことです。
そうすることで無理なく口の中を綺麗に、そして健康を保つことができるのです。

≫ TOPへもどる